【Gパン・チノパン・きれい目ズボンに必ず馴染むトップスコーデ】


今年は冷え込む季節が遅く感じ、なかなかTシャツ短パンから抜け出せずにいた方も多かったのではないでしょうか?そんなうちに一気に冷え込み、慌てて秋冬散策するも持っているアイテムとの組み合わせも考えると流行りを取り入れたいけれど冒険しすぎるのも億劫。所謂、「ピンっとこない。」状態。
そんなお悩みを解決するべく、オムニチャネルディレクター務めるAzechiが皆さまが絶対持っているアイテム(※本人も持っている)を使って、「満足するスタンダード」をコーデネイト提案いたします。

テーマは「誰しもが持っているモノ」と「即戦力」

お気に入りのGパンって毎日、履いていても飽きがこないものですよね。だれしもが持っている「Gパン(ジーパン)」は僕にとっては「白ごはん」と似ていて、毎日食べていても飽きがこないものなんです。笑


そんな「白ごはん」を軸にスウェットやパーカー、シャツで合わせても王道の「アメカジ」のスタイリングで良いのですが、どことなく毎年の変わり映えに欠けて、悩むことはありませんか?無論、毎日、「梅干」と「おかか」のルーティンだとやはり美味しいけれど、変わり映えはしないと思うんです。


そこで、たまには「TKG(たまごかけごはん)」なんてのもアリ?というスタイリングをご紹介できればと思います。大冒険をせずに持っているジーパンを引き立たせるのに「即戦力」になるバランスの良いアイテムがこちら。


スウェットながらも起毛した生地がオモテにでているアイテム(通称シープボアスウェット)。いつものスウェットと雰囲気が全然違うのが表面的にも分かりやすく伝わります。まるで、高級なセーターを着ているかのような大人っぽさがあるんです。いい大人が「スウェットばかり着て、、」なんて奥様の小言を一掃してくれると思うんですよね。笑


高級なセーターなんて表現をしましたが色味に関してはとても渋い色味がでています。これもお持ちのジーパンを邪魔しないバーンズの拘った色味表現のひとつです。


軽視しがちな「ネックのバランス」
僕がスウェットを選ぶ際に重点をおいているのは「ネックの詰まり方」です。詰まりすぎていても苦しいし、広いネックでリラックスできるのですが、どうにもシャツをインナーに入れたとき格好がつかなくて、シャツの見え加減がずっと気になってしまいます。


首が苦しくもなく、インナーをTシャツでもGOOD。程よく詰まったネックでシャツの見え方も引き立ちます。


このバランスが全体のバランスを整えてくれるといっても過言ではない気がするんです。
せっかくならインナーをシャツでもTシャツでも楽しみたいじゃないですか?(笑)


足元はレザーシューズなんか履いちゃって、お馴染みのジーパンで時にはキャップなんて被れば、少し外しの効いた絶妙にスタイリングになっちゃうんです。アメリカントラッドな雰囲気にカジュアルをプラス!安心感のある中にも遊び心がある。まさに「満足するスタンダード」という感じではないでしょうか?

【コーディネート】
トップス:ボアスウェット
インナー:小衿ボタンダウンシャツ
シューズ、Gパン:Azechi私物


いざ、オトナの演出で買ってはみたけれど、何に合わせたら良いのかが分からず。「タンスの肥やしと化している」なんてことありませんか?


いざ、シャツと合わせても「あれ?着させられてる?」自分らしくない絶妙な恥ずかしい格好に。そうなんです、洋服が悪いわけではなく、【合わせ方】の問題です。

そんな絶妙に帳尻を合わせてくれるのがこの徳利ニット(通称メランジサーマル)。


オトナっぽさのある、キレイ目ズボンはトップスもしっかりオトナの演出が重要です。
ただ、ここで重要なのは「堅苦しくなりすぎない事」
着ている自分自身がどうにもこうにも「堅苦しい」「息苦しい」では、「自分らしさ」はでませんよね?
着心地カジュアル/見た目はスッキリなのがこのアイテム。

程よく厚手のワッフル生地は、肌着感はなく、一枚で成立してしまう優れもの。ヨコのスリッドは、身体のラインを拾わずに「ぽっこりおなか」だってスッキリしてくれるシルエットです。

 
前後で違う丈は、所謂レイヤードというお洒落言葉もありますが、
そんなことより、「パンツ(下着)を見せない!」っていうオトナのエチケット部分の方が僕は重要な気がしています。(笑)


せっかくきれい目ズボンを履くなら、スッキリ大人っぽさを演出してあげれば、シンプルに自分らしさが演出できるのではないでしょうか?お洒落に着こなす前に男性のエチケットとしてのトップス選びも意外と使い勝手がいいものです。

【コーディネート】
アウター:ウールチェスターコート
トップス:メランジワッフル
シューズ、きれい目ズボン:Azechi私物


チノパンと言えば、ワークスタイルが基本。履きなれたチャッカブーツにチノパン、デニムシャツに。と王道ながらも非常に様になるスタイルも大好きなのですが、なんせ「オトコクサイ」いや、これぞ「アメリカンカジュアル」なのですが、、今を生きるチノパンの気持ちに耳を傾けてみたら「たまには、かわいいと言われたい」なんて聞こえてくる時があります。いや、これ僕の気持ちを代弁してくれているのかな?笑


硬派なイメージを一筋も良いけれど、もう少し「近所を散歩する」くらいの余裕さを演出するのも履きなれたチノパンならではの活用法かもしれません。【合せ方次第】では少し硬派な印象からユルい感じに昇華してくれると思うんです。

【コーディネート】
トップス:goma-sioベスト
トップス:デニムシャツ
チノパン:チノパンツ
シューズ:Azechi私物


そこで、先ほどまで紹介していた2アイテムが活きてくるわけです!
このスウェット実はもう一つ隠しワザがあって「リバーシブル」なんですよ。


ひっくり返すだけで全然違う印象にかわるのも特徴!"いつもの"スウェットの生地感とインナーに徳利ニット(通称メランジサーマル)を忍ばせて、スウェット一枚の野暮ったさも解消していきます。


ついでにシューズは、カジュアルにスニーカーに変えちゃいましょう!



意外とコレだけでも印象がかなり変わりますよね。何処となく都心的というんですかね?決してかっこつけている感じではなく、普段らしさがでます。オススメは、コンバースやバンズなどのローテクスニーカーより、ニューバランスやリーボックなどのハイテクスニーカーと言われるジャンルの方がチノパンの「見た目の重さ」を拾い上げてくれます。

 
普段のチノパンはそのまま、しっかりトップスだけ【合わせて】あげると「程よくユルい」雰囲気になりますね。イヌの散歩や近所へ買い物ぐらいでしたら「気を張らず」リラックスして休日を楽しめるのではないでしょうか?

【コーディネート】
トップス:ボアスウェット
トップス:メランジワッフル
チノパン:チノパンツ
シューズ:ロシアンミリタリートレーナー

■最後に
僕自身、アパレル業界イチ洋服を持っていないと豪語しています。それは確かにたくさんの洋服を持ってはいました。経験する上で「週で1足は靴を買う」なんていう時代もありました。笑
ただ、全部を活かしきれていたか?というと「タンスの肥やし」になっていることが多い服もやはりありました。(ある意味ワードローブ。笑)だからこそ自分のお気に入りとなるベースを崩さず、ONとOFF、日常と非日常、ライフスタイルにあった「皆さまが絶対に持っている」というテーマで、コーデネイトさせていただきました。

正直、この2アイテムあれば今年の秋冬楽しめるのではないか?という観点もありましてアイテム紹介もさせていただきました。
是非、この機会に秋冬のお悩み解消してみてはいかがでしょうか?

グリッド リスト

降順

2件の商品

グリッド リスト

降順

2件の商品