BARNS HEAD SHOP LIMITED ITEM

■シンプルだけど、どこか違うデニムシャツ

今回、BARNSOUTFITTERS HEADSHOP限定で製作された「デニムシャツ」

「着慣れた薄色」を岡山産デニムと縫製で表現に成功した今年夏、渾身のシャツ。

定番アイテム「オックスフォードボタンダウンシャツ」のサイズスペックを採用することで

「サイズ選びに困らない安心のフィッティング」を提案。

そんなシンプルなデニムシャツですが『シンプルだけと、どこか違う』魅力についてご紹介します。

■丸みを帯びた裾丈

表情ともに豊かなデニムシャツですが、「どこか違う?」ヒネリを加えたラウンドカットの裾丈は シャツの裾をパンツにしまう事が正しいとされていた19世紀初頭のパターンはパンツ内で収まりが 良いように計算された仕様、それがなんと言ってもデザインとして引き立てるアクセントになっています。

■袖のステッチと凹凸間

通常よりも贅沢に縫製された袖口はデニムシャツ本来のカジュアルさを演出する上で 重要な引き立て役となっています。
縫い縮みから生まれる生地の凹凸(パッカリング)により、生地の濃淡が生まれ立体的な風合いを表現しております。

■見た目だけで終わらない男心くすぐるデティール
コットンにも拘りがあり「ジンバブエコットン」を使用。


アフリカ・ジンバブエ地方で手積みで採取されたコットンは、機械を使わないことで繊維を傷めず上質な糸が作れます。
機械を使うよりも何倍にも手間がかかる方法だからこそ、上質とまで呼ばれるしなやかな質感に仕上がりが デニムの風合いを引き立てるのにも最適なコットンだからです。
■頑固な縫製でデニム本来の味を楽しんでもらえるよう...
「縫製テクニック」


脇左右の生地端を巻き込みダブルステッチで縫製する手法によって、頑強な耐久性を生み出しています。
元々実用性を基に製作されていたワークウェアの名残ではありますが、一手間二手間かけることで長く着用し続けられる製品に仕上がります。
「ボタン選び」


熱に強く硬度の高い釦の割れにくい米軍衣類にも採用されている釦の一種。
尿素ボタンを使用。

■安心感のあるシャツ選びにひと捻り
様々なシーンで活躍するシャツ
中でもカジュアルシャツには「着用の安心感」「日常生活で耐えゆるタフさ」「他とは違う遊び心」をHEADSHOPでは重きをおいております。
それを体現したのが「着慣れた薄色デニムシャツ」となりました。

グリッド リスト

降順

1件の商品

グリッド リスト

降順

1件の商品