Made in Carifornia Vol.1

 

 

今回、BARNS OUTFITTERS-HEAD SHOPが掲げる【AMERICAN-CULTURE】を

少しでも肌で感じていただくため、実際にアメリカ/西部を放浪した体験録となります。

 

 

BARNSが掲げる「古き良きアメリカ」とは1950年代からの背景となる。

1950年代から1970年代にかけて、アメリカが最も輝いていた時代ともいわれ。

「古き良き」や「黄金時代」とも言われるようになりました。

現にマリリンモンローやケネディ大統領、アポロなどにより宇宙旅行が現実になり,

音楽ではフォークロックに始まり、アシッドロックやサイケデリックロックなどカウンターカルチャー革命により

ウッドストック・フェスティバルが実現しました。テレビが普及したのもこの時代で「奥さまは魔女」などのテレビドラマは、

ファッション、インテリアなどのライフスタイル全般に影響を及ぼしたほど。。

 

今回、はじめに訪れたのは、ロサンゼルスダウンタウン(LosAngels-DownTown)にある、

アーツディスクリクト(Arts District)

倉庫街だったこの地区はグラフィティアートが盛んであったため、芸術家たちが集まるように。
街中が巨大なキャンパスであるかのように芸術的な光景が一面に広がります。

世界各国からインスパイヤ―を受けようと足を運ぶのもここ【アーツディストリクト(Arts District)】

最先端の流行を追いかけるモノではなく、何気なく目にするものや生活に溶け込んだアートが

どこかカッコよく見えるのがここの良さなのかもしれません。

 

また、あの横浜赤レンガにアートされている【エンジェルウィング】もLAストリート発祥の

コレット・ミラー氏によるものです。

#インスタ映え ですね。

カリフォルニアといえば、メルローズアベニュー/サンタモニカ/ハリウッドと有名地が豊富ではありますが、

こういった感性を豊かにする散策もカリフォルニア旅行の1つの醍醐味なのかもしれません。

もちろん!記憶だけではなく、【モノ】にのこる逸品も持ち帰ってきております。

以前にも一度好評いただいておりました【Made in Carifornia】

LEATHER COASTER /  LEATHER TREY

今回もしっかり、クラフトマンに製作依頼してきました!

<Asing BeforeAfter>

http://shop.barns.tokyo/ja/le-lc.html

どこか温かみのあるヌメ革ならではの経年変化によって「共に暮らし」を楽しんでいただきたく逸品。
何気ない生活の一部のアイテムとして溶け込むコースターは、休日の珈琲の時間を飾り、

自宅へお招きの際 に会話の1つとして楽しんでいたければと思います。

<Asing Before After>

http://shop.barns.tokyo/ja/le-lc-9924.html
お店のキャッシャーとして使われるのが一般的なトレイですが、玄関先の小物を一括してまとめるのも良し、 サングラスや眼鏡置きとして、小物をより引き立たせ、気持ちの高揚感をご自宅で味わうひと品。
剥ぎ目のない1枚革をそのままプレスすることで、独特のフォルムが魅力です。
毎日の行き帰りですこし【安心】をぜひともご堪能いただければと思います。

グリッド リスト

降順

1件の商品

グリッド リスト

降順

1件の商品